石灰沈着性腱板炎 再発 左肩の治療 - YOUTUBEな雑記ブログ

石灰沈着性腱板炎 再発 左肩の治療 - YOUTUBEな雑記ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石灰沈着性腱板炎 再発 左肩の治療

左肩に違和感を覚えたのは4年ほど前です。
石灰沈着性腱板炎は、なったら反対側もやると言われているようです。
2回目ですから、この違和感が何なのかは良くわかっていました。


違和感が来るのは決まって春先から夏。
それを超えると良くなるんですね。
今回も、3月ころからおかしかったです。


それでも、いつもやってるストレッチや
トレーニングをこなしていましたが
GW中に起きると肩に痛みがくるようになり
3日目にとうとう激痛。


「ゴッドハンド」のいる病院へ直行。
しかし、担当は相当若い先生。
レントゲンに石灰が写っているのを確認すると
「ちょっと、副院長呼んできます。」


おいおい!大丈夫か?


副院長だって暇じゃない。
「とりあえず薬を出します。明日まで様子見てください」


改善しなければ副院長が診察してくれるということで
その日は帰りました。
出された薬は前回と同じもの。


痛み止めが効いてきてしばし落ち着けましたが
切れるとだめ。
翌日、また病院に行きましたが、副院長診察の約束が
行って見ると外来の先生。


ステロイド注射を打てば楽になるがどうする?
というから打ってもらうように頼んだ。
肩の後ろからブスリ。


前回のゴッドハンドは前からレントゲンを見ながら打っていた。
今から考えると関節包を狙っていたのだろう。
石灰を抜いて注射が終わるとその瞬間から極楽だった。


今回は!!!
注射の痛みはほとんど無い。
というか、それ以上に肩が痛かった。


注射が終わって2~3分。
激痛が襲ってきた。
会計を済ませ注射場に戻ってきたころには頂点。
しばし、車の中でもがき苦しんでいた。


家についてもこの痛みは引かず、
痛み止めの薬を飲んで1時間ほどたって
やっとソファーの上でじっとしていられるようになった。


「あの注射は合ってるのか?」
家内に聞いた。
「知らん。病院に電話しようか?」


だいぶ落ち着いたのでネットで調べてみた。
確かに注射を打って2~3日は以前より
痛みがひどくなる種類があるようです。


3日後、ヒステリックな痛みが引きました。
4時間おきに飲んでいたロキソニンもだんだん間隔が開いても
大丈夫になってきました。


リハビリ開始のチャンス到来。
少しずつ、少しずつ
動かして肩の稼動粋を広げていきます。
このときは、まだまだぜんぜん痛いのだけど
リハビリは無理しない程度に、でも早い時期に!


温めてリハビリ、終わって冷やすの繰り返し。
仕事が終わって、家にいるときは寝てるか風呂に入ってるか
完全に風呂で生活してた。


発症から12日目に、やっと肩をぐるっと回せるように
なりました。


医者によって、こんなにもちがうのか!
思い知りました。


結局、通院は2日だけでした。
怖くていけない。
もう行けない。

⇒ 石灰沈着性腱板炎とは?
⇒ 石灰沈着性腱板炎 初回右肩の治療



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tatsu44.blog91.fc2.com/tb.php/2021-cf7abce8

90年代のゲーム機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。