亀田大毅 世界戦の権威を失墜させたIBF - YOUTUBEな雑記ブログ
FC2ブログ

亀田大毅 世界戦の権威を失墜させたIBF - YOUTUBEな雑記ブログ

亀田大毅 世界戦の権威を失墜させたIBF

12月3日のトリプル世界戦
亀田大毅選手がスーパーフライ級王座統一戦に挑みました


しかし、対戦相手のリボリオ・ソリスは、
前日の計量失敗でWBA同級王座を剥奪されました。


タイトルマッチは行われますが、
リボリオ・ソリスは勝ってもタイトル奪取を出来ません。
ウェイトオーバーですから。


亀田大毅選手が勝てば統一チャンプとなります。
最高のチャンスだったのですが、
亀田大毅選手はこのチャンスをものにできず!


1-2の判定負けを喫します。
これで試合前に発表されていた内容によると
WBA、IBFともに空位となります。


しかし試合後、IBFの立会人のリンゼイ・タッカー氏が記者会見を行い、
「亀田大毅は、ルールに従いタイトルを保持したままである」と発表しました。
「誤解。私はそんなことは言っていない」と終始して前言を撤回する事態。


そもそもIBFの正式なルールでは、
挑戦者が計量に失敗、失格となった場合、
王者がタイトル防衛扱いとされることになっています。


試合前に発表した内容自体が間違っているんですね。
なんでこんなことになったのか?
謎です。


せっかく今春からJBCに公認されたIBF。
今回の事態が世界戦の権威を失墜させてしまったことは残念です。





関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tatsu44.blog91.fc2.com/tb.php/1960-c80807af

90年代のゲーム機