リーブ21を提訴|静岡県内の女性 - YOUTUBEな雑記ブログ

リーブ21を提訴|静岡県内の女性 - YOUTUBEな雑記ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーブ21を提訴|静岡県内の女性

5月21日付で静岡県内の女性がリーブ21を提訴しました。
何かと苦情の多いリーブ21ですが、どんなことがあったのでしょう。


新聞によるとこの女性は、
頭髪が必ず生えてくると言われて施術を受けたのに効果がなく、
当初の契約通りに料金が変換されなかったいうことです。


女性は2009年1月から発毛施術の2年間コースを契約、
「発毛しなかった場合も少なくとも施術料は返還される」
「絶対に生える」と説明を受けた。


ところが効果が無かったため施術料の返還を求めたら
「アドバイスを守っていない」
「今やめるのはもったいない」と拒否され、
逆に1年コースを勧められ再契約したとのことです。


女性の主張は、確実に効果があるように勧誘し、
契約に反して料金が返還されないのは違法としています。


この業界は、こういうの多いようです。
1回入ったら、そう簡単にはやめさせてもらえません。
1回お金払ったら、そう簡単には返してもらえません。






2006年1月 - 大阪府内の男性会社員 (58) が、効果がほとんどなかったとして施術代や慰謝料など約830万円の損害賠償を求め訴訟
2007年9月 - 施術代の約9割の430万円の解決金を同社側が支払うことを条件に大阪地裁で和解
2009年10月 - 元支店長の女性が、高額な育毛トニックを不必要に売りつけていることなどを指摘した報告書を会社に提出し、社長あてに「上司に命じられ無理に会員の契約に走っている」などとメールを送ったところ、「オペレーター」への降格処分を通告され退職に追い込まれたとして1200万円を求め提訴
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tatsu44.blog91.fc2.com/tb.php/1897-e0027b50

90年代のゲーム機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。