全柔連VS15人の女子選手 - YOUTUBEな雑記ブログ

全柔連VS15人の女子選手 - YOUTUBEな雑記ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全柔連VS15人の女子選手

柔道…、ちょっと今、大変ですね!
一時は相撲が大変だったけど、矛先が変わったようです。
いずれも日本のお家芸的なスポーツ。


内柴被告の問題に続き、園田隆二前監督の体罰の問題。
はっきり言って40代以上のスポーツをやってきた人間には
今の体罰問題、あまりピンとこない人も多いのでは…。


一発でも多く殴られたい!
殴られた回数の多いやつから選手になれる。
期待されてない奴は殴られない。


こんなことを先輩から教わってた。
できるだけ監督の手の届く位置にいるよう心がけてたね。
今は時代が違うと言われれば「はい、そうですか」というしかないほど
今はスポーツとの接点がありません。


園田隆二前代表監督の辞任による事態の幕引きを懸念し、
「強化体制やその他連盟の組織体制の問題点が明らか」になるまでは
徹底抗戦する構えを全柔連の暴力問題を告発した女子選手15人示したそうです。


園田隆二前代表監督、柔道の指導に竹刀はいらない。
剣道の先生に怒られるよ。
殴るなら自らの手で、自分も痛いから…、


寒い中、自らの手で50人以上の部員にビンタをくれた高校時代の監督に感謝。
痛かったでしょう。
大人になって気付くんですね。


そんな愛情が園田隆二前代表監督には、なかったんでしょう。
ただ、いつまでもこの件にこだわっていると
本質を見失います、女子15人の選手。


いまでも、そこ、狙ってる選手がいます。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tatsu44.blog91.fc2.com/tb.php/1773-d8097c82

90年代のゲーム機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。