鼎殺人事件 - YOUTUBEな雑記ブログ

鼎殺人事件 - YOUTUBEな雑記ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼎殺人事件

鼎殺人事件とは、女の名をつけた、と父親を殺害した事件です。

発生は、平成12(2000)年、宇都宮市内。

栃木県小川町片平、吉田要被告が、「人生がうまくいかないのは名前のせいだ」と命名した父親(当時78)を刺殺。

この事件で宇都宮地裁は、吉田要被告に懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡しました。

要という名前は1980年ころに改名。

吉田要被告は子どものころから父親の命名した「鼎(かなえ)」という名前に「字が難しく女性みたいだ」などと不満を持っていました。

吉田被告はパチンコなどでの借金生活を、「父親の命名のせいだ」と恨み、殺害を計画した。

平成12年9月26日午後、宇都宮市竹下町の弟宅の離れで、包丁で忠一さんの腹などを刺して失血死させた。

【韓国本、KYOBO文庫、歴史】朝鮮を揺るがした16種類殺人事件

【韓国本、KYOBO文庫、歴史】朝鮮を揺るがした16種類殺人事件
 

 

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tatsu44.blog91.fc2.com/tb.php/1473-6c3396fb

90年代のゲーム機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。